約築30年の2x4戸建住宅のリノベーションです。
ご両親から引き継いだ戸建住宅を全面的にリノベーションしました。

外装については全て修繕を実施して、雨漏りで躯体の損傷が心配だったバルコニーは躯体の補修と補強も行いました。
内部は、内装の一新、住宅設備の一新に加え、暮らしを楽しむための間取り変更や照明計画の見直しも行いました。

仕上がりの空間に活用できる照明器具や建具、造作家具など、良いものは残しています。
ですが内装材を一新したことと、照明計画を見直したことで、空間の雰囲気はとても大きく変わりました。

間取りを変えたのは、玄関廻りです。
元々リビングの一角であったスペースを玄関ホールに組み入れることで、中庭を望む大きな窓のある広い土間スペースが出来上がりました。
この間取り変更によって、玄関は明るく開放的に生まれ変わり、和室は土間を挟む離れとなり来客もてなしの空間へと位置付けを変えることになりました。
 
 

リノベーション前リビングリノベーション前玄関

 
 
氷川参道の家
リノベーション


所在地:埼玉県
構造規模:木造3階建(枠組壁工法)
リノベーション竣工:2019年